中国人のためのスマホ決済

女性

中国で生まれた決済サービスのwechat payを導入することで、中国人観光客の需要をしっかりと掴めます。オフィシャルパートナーに相談することで、導入コスト0円で手間なく加盟店になれます。チャットアプリで販促ができる魅力もあり、すでに多くの店舗が導入されています。

詳しく見る

事前の打ち合わせが大事

会議

どこまでしてくれるか確認

会社にはそれぞれ部署があり業務を行っています。大きな会社であれば経理部、人事部など事務部門をそれぞれ個別に設置するときもありますが、中小企業などになると事務部門を統一的に行う部門を設置して対応するかもしれません。総務はその時に設置される部署で、経理や人事の他会社におけるいろいろな事務の手続きを行う重要な部署です。ただ経理にも人事にも精通している担当者を配置する必要があり、人件費などがかかるときがあります。その時に利用したいのが総務部の業務を行ってくれるアウトソーシングサービスです。会計事務所や社会保険労務士事務所などがそれぞれ会計業務や人事労務業務を行ってくれることがありますが、総務部門のアウトソーシングサービスはさらに幅広い業務を行ってくれます。法令などにも準拠した対応をしてもらえるので、自社に専門的な知識を持つ人を在籍させる必要がなくなります。では総務のアウトソーシングサービスを利用するときの注意はあるかどうかです。各会社の総務部の業務範囲はそれぞれ異なります。一方でアウトソーシングサービスを提供する会社の方でも提供サービスに一定の範囲があります。事前にきちんと打ち合わせをしておかないと、互いの思惑通りの業務を行ってもらえない、行えないのトラブルが生じる可能性があります。利用する側はしてほしいことをしっかり伝える必要がありますし、サービスを提供する側はできることを伝える必要があります。それぞれが納得した状態でサービスを利用しないといけません。