企業の業務効率化へ

オフィス

業務の分析から外注化

企業では様々な業務の見直しのため分析を行い、一部業務をアウトソーシングしていく動きが広まっていますが、総務についても同じ傾向にあります。企業における総務の業務は属人化しやすく、担当ごとに仕事が見えにくいという特徴があったのですが、それを見直すことが進められています。また総務の仕事範囲がかなり広いこともあり、雑多な業務さえも総務に担当させることになり、メインの業務が滞ってしまうということもあったのです。こういった問題点を解決する一つの手段として、業務内容を分析しアウトソーシング可能なものを考えていくのです。この分析については、企業によって幅広く千差万別の結果が出やすいのですが、アウトソーシング専門会社はすでにわかっているところが多いのです。業務の分析も難しいようであれば、その分析さえもアウトソーシング会社に任せることで、総務部門としての業務を増やすこともないのです。こうしてアウトソーシング可能な業務を割り出し、その業務を外注先に出すことで、総務自体は本来の業務に集中しやすくなります。またアウトソーシング会社は、前身が大企業の総務部門だったりするケースもあり、他社の業務の良いところを自社に取り込めることも可能です。さらにアウトソーシング会社に任せるメリットとして、その業務に関してマニュアル化し、担当が変わってもすぐにその業務を行うことができるということです。これは総務の仕事を属人化することから守ることにもなるので、アウトソーシングすることは企業で注目されている理由になるのです。